忍者ブログ
キャビアスキンは、流行り廃りとは関係なく販売個数を保ち続けているシャネルが発表しているモデルです。

久しぶりに逢った彼女は、とてもはつらつとしていました。今の自分がとても好きだと胸を張って言っていました。「以前は過剰な期待から部下にも嫌な思いをさせたけれど、今はありのままの彼女たちを受け入れられるようになったのよ。そうなると不思議よ。

彼女たちもとても穏やかに私に話しかけてくるの。最近ではよく食事も一緒に行くのよ」と彼女は明るく笑います。今までは人の悪いところばかりが眼についていたのが、今では、まず良いところから眼にっくようになったそうです。
PR
20年前、ファッションデザイナーのジャンニ・ヴェルサーチ(Gianni Versace)はマイアミ(Miami)で撃たれ、彼のブランドは危機に陥った。だが事件から20年が経った今、ジャンニの妹であるドナテラ(Donatella Versace)の力によって、「ヴェルサーチ(Versace)」は世界トップのグローバル・ラグジュアリーブランドの1つとなった。

 1997年6月15日、ジャンニは朝刊を読みに出かけてマイアミビーチの邸宅に戻ってきたところ、アンドリュー・カナナン(Andrew Cunanan)に射殺された。このニュースにファッション界は悲嘆にくれた。マドンナ(Madonna)やエルトン・ジョン(Elton John)といったセレブリティの衣装を手がけていたジャンニは、まだ50歳だった。

「彼は全方向におけるクリエイター、真のアーティストだった。色や素材への純粋な創造的ビジョンを持ち合わせていた」とボッコーニ大学(Bocconi University)のラグジュアリー&ファッションセンターのディレクター、ステファニア・サヴィオーロ(Stefania Saviolo)はミラノ(Milan)でAFPの取材に答えた。

 ジャンニが1978年に兄サント(Santo Versace)とともに創設したグループは、世界でもっともホットなブランドであった。「ヴェルサーチ」は、同ブランドのカジュアルライン「ヴェルサス(Versus)」をジャンニから任せられていたプラチナブランドの妹、ドナテラがアーティスティックディレクターとして引き継ぐことになった。だがブランドはジャンニの暗殺後、復活に苦しんだ。ジャンニのそばで14年間働いてきたドナテラは、兄の死にひどく打ちのめされ、「傷ついていた」と告白する。
もちろん、十代の女性は別です。ですから、「日本は湿度が高くて嫌ね」とばかり言っていられないのです。でも、なお一層笑しくなりたいというのが女心というものでしょう。"素肌美人"という言葉ほど、女性が憧れる客きはありません。

 この素肌美人の基本を作るのは何と言っても洗顔です。これもただ洗うだけではいけません。洗顔フォームも良質のものを選びましょう。素材が悪いと、美しい皮膚を保つのに大切なものまで、すべて洗い流してしまうからです。
Template and graphic by karyou
忍者ブログ [PR]