忍者ブログ
キャビアスキンは、流行り廃りとは関係なく販売個数を保ち続けているシャネルが発表しているモデルです。
しかし、平凡さにちよっと特徴を出して、相手の心に強い印象を与えたいと思ったら、まったく同じものを二組プレゼントするのである。もらった相手は、なぜかといぶかる。

そして、同じものを二つもらったという事実を、忘れることはない。強く心に残るはずである。ちょっと変わったことをすれば、キザに感じられるかもしれないが、キザとスマートは紙一重である。相手が好感を抱けば、同じことをしても「スマートなこと」になる。
PR
相手の人物が、悪事を働いたり誘惑に負けて社会的信用を失うようなことをすることは、絶対にないと断言できるだろうか。自分自身のことさえ信じられないのに、他人を信用することなどできるはずがない。

第三の理由は、代理人を雇っても、その仕事を一番よくわかっているのは自分自身だということである。第四の理由は、状況に応じて方法を変えることによって最善の方法でことを運ぶチャンスが生まれるのに、雇われている人はそのような裁量が自分に許されているとは考えないものだからである。
米カリフォルニア州などで発見された新種のガが、20日に就任する米国の次期大統領にちなんで「ネオパルパ・ドナルドトランピ」と命名された。頭に金髪を載せたような姿がトランプ氏にそっくりなことに由来するという。

新種のガはカリフォルニア州とメキシコ北部で見つかった。頭部に黄色がかったとさかのような毛が生え、公開された写真の姿はカリスマ的態度さえ漂うように見える。

発見した生物学者のバズリック・ナザリ氏は、「頭部のこのフサフサも、米国とメキシコに生息することも、生息地のあやうさからも、次期大統領にちなんで命名する以外に選択肢はなかった」と語る。

今回の命名には種の保全に対する認識を高めてもらう狙いもあるという。「米国内にもまだ未発見の絶滅危惧種がいて、生息地が脅かされ、保護を必要としている。アルファ分類学の重要性に関心を持ってもらい、北米の生物多様性においてあまり注目されない微小動物の部分に理解を深めてもらえれば」とナザリ氏。

トランプ政権に対しては、「自分の名にちなんだ種をもつことは栄誉といえる。生物学の世界においてその名は不滅になるのだから」と述べ、まだ未発見の新種がすむ米国内の生息地を保全する取り組みに引き続き力を入れてほしいと訴えている。
Template and graphic by karyou
忍者ブログ [PR]