忍者ブログ
キャビアスキンは、流行り廃りとは関係なく販売個数を保ち続けているシャネルが発表しているモデルです。
日本に「サウジアラビア旋風」を巻き起こした国王一族の来日。1千人を超えるとみられる随行員がいたことから、高級ホテルやリムジン業界はちょっとした「バブル」になりました。一方で「下世話な話に矮小(わいしょう)化すべきではない」と、王族の豪華な生活を伝えることに偏りがちだった報道にツイッターで違和感を示した専門家もいます。あの熱気は一体、何だったのか。振り返ってみました。

 3月12日夜。サウジアラビアの国王一族が乗った専用機が、東京の羽田空港に到着しました。諸外国の首脳が、空港に降り立つ。それだけなら、よくある風景です。

 でも、話題を集めたのは到着後。テレビなどでは、国王が飛行機から降りる姿が盛んに映し出されました。

 それもそのはず。飛行機から降りる時に使った道具は、エスカレーター式の特製タラップ。サウジ側が事前に持ち込んだものです。王族の「富」を象徴したかのようなタラップに、ネット上でも「金持ちのレベルが違う」などと話題を集めました。

 1千人を超える一団が来日したことから、東京では高級ホテルの客室1200室が押さえられたほか、ベンツやBMW、レクサスなどの高級車のハイヤー約400台が確保済みだったとのこと。ハイヤー業界関係者は「都内だけでは確保できないので神奈川や埼玉、東海地方からも集めている」。

 朝日新聞を含め、新聞やテレビは国王の来日を大きく報道。中には、随行員の買い物に密着している番組もありました。国王来日が46年ぶりだったことに加え、中東の「オイルマネー」が日本に流れ込んで「爆買い」につながるのでは、という期待感もあったことが背景にあります。

 そんな日本での報道。違和感をもって見ていた識者もいました。過去に在オマーン大使館に勤め、中東情勢に詳しい中東調査会の村上拓哉研究員は15日、ツイッターにこう書き込みました。
PR
しかし、平凡さにちよっと特徴を出して、相手の心に強い印象を与えたいと思ったら、まったく同じものを二組プレゼントするのである。もらった相手は、なぜかといぶかる。

そして、同じものを二つもらったという事実を、忘れることはない。強く心に残るはずである。ちょっと変わったことをすれば、キザに感じられるかもしれないが、キザとスマートは紙一重である。相手が好感を抱けば、同じことをしても「スマートなこと」になる。
相手の人物が、悪事を働いたり誘惑に負けて社会的信用を失うようなことをすることは、絶対にないと断言できるだろうか。自分自身のことさえ信じられないのに、他人を信用することなどできるはずがない。

第三の理由は、代理人を雇っても、その仕事を一番よくわかっているのは自分自身だということである。第四の理由は、状況に応じて方法を変えることによって最善の方法でことを運ぶチャンスが生まれるのに、雇われている人はそのような裁量が自分に許されているとは考えないものだからである。
Template and graphic by karyou
忍者ブログ [PR]