忍者ブログ
キャビアスキンは、流行り廃りとは関係なく販売個数を保ち続けているシャネルが発表しているモデルです。
グッチの偽物をパトロールする、いわゆるGUCCI・Gメン。その存在は意外と知られていませんが、世界各国にグッチの調査員が散らばっていることは確かなようです。セレクトショップ等、グッチの商品を扱っている店舗に出向き、ニセモノを見付けるルイヴィトン コピーと告発したりしているようです。グッチのバッグ購入時に付いているコントロールカード。このカードは商品の製造管理が目的のカードで、ギャランティーカードや保証書のような意味合いを持つものではありません。 ですから、コントロールカードの有無で本物・偽物を識別することはできません。 特に並行輸入品の場合は、海外での購入時に店側に抜かれている場合が結構あります。上の画像がコントロールカードです。

1から0まで数字が並んでいますが、よく見ると1つの数字に切れ目があります (稀に欠けていないものや2箇所欠けている場合あり)。 これが製造年月を示す暗号になっているという説があります。このコントロールカードは製造時期によってデザインが異なり、最近のカードはルーべ等でよく見ると数字のフチが濃くなっています。グッチのバッグに必ずある「GUCCI made in Italy」時計 スーパーコピーの刻印の入ったタグ。バッグの内ポケットのファスナー下に縫い付けられていることが多いようです。このタグは革で出来ていて、本体のレザー部分と一体になっているか、しっかりと縫合されています。偽物の場合、このタグが合成皮革で出来ていたり、歪んで縫製されていたりすることが多いです。

また、刻印が本物ではタグの中心にクッキリと刻まれているのに対し、偽造品になるとぼやけていたりずれていたりします。そして見落としがちですが、このタグの裏側もチェックしましょう。 本物のバッグの場合、上下2段の製造番号の刻印が入っています。これが贋物になると、表側同様、刻印がぼやけていたりずれていたり、そもそも刻印がなかったりします。バッグスーパーコピー 鞄をはじめとして、グッチには全ての商品にギャランティ カードが付いてません。財布やアクセサリー等の場合、箱の中に細長いカードが入っている事がありますが、これはギャランティーカードとは全く違うもので、 何の証明にもなりません。また、このカードは付いていたりなかったりするので、このカードの有無で本物か偽物かといった判断はできません。


http://imqubg.jugem.jp/?eid=30
PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
Template and graphic by karyou
忍者ブログ [PR]