忍者ブログ
キャビアスキンは、流行り廃りとは関係なく販売個数を保ち続けているシャネルが発表しているモデルです。
「モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン(LVMH)」は8日、仏ラグジュアリーハウス「クリスチャン・ディオール(Christian Dior)」のトップを20年間勤めたシドニー・トレダノ(Sidney Toledano)CEOの退任を発表した。

 トレダノ氏は「クリスチャン・ディオール」ブランドの成長を見てきた。特に2000年から2007年にかけては人気デザイナー、エディ・スリマン(Hedi Slimane)がコレクションを手掛けたことにより、メンズファッションが著しい成長を見せた。またトレダノ氏は2011年に、当時チーフデザイナーを務めていたジョン・ガリアーノ(John Galliano)が仏パリのカフェで反ユダヤ的な言動をしたことを受け、ガリアーノを「LVMH」グループから排除する決断を下した。

 トレダノ氏の跡を継ぐのは、「LVMH」傘下の「フェンディ(Fendi)」のチェアマン兼CEOピエトロ・ベッカーリ(Pietro Beccari)氏。このリーダーの交代は来年初めに実施される。

「シドニー・トレダノは『クリスチャン・ディオール・クチュール』の世界的成功の原動力だ」と「LVMH」のベルナール・アルノー (Bernard Arnault)取締役会長兼CEOは声明で告げ、ベッカーリの任命は「新しい時代」を意味するとした。またアルノー氏は「カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)とシルヴィア・フェンディ(Silvia Venturini Fendi)のクリエイティビティを上手く持ち合わせている」とベッカーリ氏を称賛した。

 約70年前に創設された「クリスチャン・ディオール」は、世界中で5000人ものスタッフを雇用し、商品をほぼ独占的に専用ネットワークである198店舗で販売しており、売上は過去5年で2倍に伸びている。
PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
Template and graphic by karyou
忍者ブログ [PR]