忍者ブログ
キャビアスキンは、流行り廃りとは関係なく販売個数を保ち続けているシャネルが発表しているモデルです。
「2050年の日本」は活力と魅力ある新型超大国として栄えるという大胆な予測の書『JAPAN RESTORED(日本復興)』がアメリカで出版され、話題となっている。著者のクライド・プレストウィッツ氏は、レーガン政権時に商務長官顧問を務め、自動車や半導体貿易交渉の前面に立ち、ジャパン・バッシャー(日本を叩く者)として知られた人物だ。

 同氏は、日本は「2050年には英語力が飛躍的に高まり、日本の国力を高める」と予測する。その真意はどこにあるのか。産経新聞ワシントン駐在客員特派員の古森義久氏が、プレストウィッツ氏に問いただした。

──『日本復興』では、日本でも公用語に英語が加わり、英語力が飛躍的に高まるというシナリオが描かれている。だが、いまの日本を見ていると英語力向上は難しいのではないか。
PR
「白はインテリアの基本色。でもそれだけだとおもしろみに欠けることがあって、この店では木やコンクリートとの組み台わせを楽しもうと思っていました」。そんな。異素材ミックスを実現した場所が地下のフロアに.バうンスを考えなから、ガラスやスチール製の雑貨でほどよいスパイスを投入。

地下のワンコーナーは白をバックに、年代物の家具や小物でまとめて。鏡は試着のチェック用としてはもちろん。空間が広く見えるようにチエストの上に配置。「額装した押し花の標本やアクセサリーを入れたショーケースに、ドライのあじさいや木の実を添えて重厚感をやわらげています」

「赤やオレンジなどカラフルな食材を使うことを心がけています。美白効果のあるビタミンCや、抗酸化力の高いビタミンE、肌修復力を促すビタミンBなどが豊富にとれて、美白&美肌ケアに◎。見た目にもおいしく、食事が楽しくなりますよ」

メラニン生成を抑制するだけでなく、メラニンを扮砕し、排出。さらにパリア機能や免疫力まで高めるアプローチ。あらゆる段階で徴底的にメラニンをケアして、同時に強い肌へと導く美白マスク。瞬時に肌が明るくなり、将来のシミやくすみもケア。
Template and graphic by karyou
忍者ブログ [PR]