忍者ブログ
キャビアスキンは、流行り廃りとは関係なく販売個数を保ち続けているシャネルが発表しているモデルです。

韓国経済の成長率は、サムスンや現代などの財閥企業の業績動向に大きく左右される。世界経済が好調である場合は、輸出の増加を通して財閥企業の業績が拡大し、経済成長率が高まってきた。

〔PHOTO〕gettyimages

実際、韓国には50万社程度の企業が存在するが、全体の純利益の40%程度を10大財閥が占めている。そして、韓国の輸出依存度(GDPに対する輸出の割合)は50%程度と、国際的にも高い。

財閥と外需に依存した経済構造を整備したのが、現大統領の父親、故朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領だ。故朴元大統領は、“開発独裁”と呼ばれる政策を進めた。

その中で、独占取引権の認可などを通して財閥企業の成長を支え、海外需要の取り込みを軸とする成長戦略が採られた。第二次世界大戦、朝鮮戦争の混乱の後、短期間で経済を立て直すためには、一定の経営基盤があった財閥企業を重用する意義は大きかったのだろう。

この政策は“漢江の奇跡”と呼ばれる経済成長をもたらした。同時に、財閥の重用は政界と財閥企業の癒着につながり、一部の権力者と財閥に属す者が富み、それ以外の人は成長の恩恵を享受しづらい状況が続いてきた。

それは、韓国の経済が、公正に富を配分する機能を備えていないことの裏返しである。
PR
大麻(マリフアナ・ヘンプ)関連株が米国で急騰している。大統領選の投票日には9つの州で大麻合法化の是非を問う住民投票が同時に行われることから、多くの投資家たちが関連企業のさらなる株価上昇を見込んでいるためだ。

米マリフアナ・インデックス(Marijuana Index)の構成銘柄となっている23社の株価は、ここ1か月半ほどで2倍以上に急騰した。マリフアナ・インデックスのダン・ニコルズ副社長は、「10月中の一日の平均出来高は、1~9月の8倍に達した」「常軌を逸した株価の急騰ぶりは主に、出来高の大幅な増加によるものだ」と話す。

同社が株価指数に採用しているのは、米国とカナダの関連23銘柄のみ。大麻関連企業の数は両国を合わせて200を超えているが、非常に厳格な採用基準を設定し、業績好調な企業に限定していることから少数にとどまっている。

ニコルズはまた、このところの高騰は投機的な取引が増えていることも理由だと指摘する。米国の株価指数はここ1か月で57%上昇。年初来137%高となっている。中でも好調なのはアメリカン・カナビス・カンパニー(American Cannabis Company)株で、1か月間で188%上昇した。

このほか、大麻関連企業の情報提供ためのオンライン・コミュニティー「420インベスター(420 Investor)」の創設者アラン・ブロシュタインもまた、関連株への関心の高まりを目の当たりにしてきた。
年齢とともに、洗いざらしのシャツやべーシックなトレンチコートがしっくりくるように、しなやかに成熟を続ける女性の音楽をOggi読者にお届け。

デビュー10周年を迎える土岐麻子や、ちょうど30周年を迎えたシャーデーは変わらない自然体のジャズやR&Bが楽しめて、どちらも声が魅力!まさに大人の女性にしっくりくる音楽。もう一枚はブリティッシュ・フォークの女性シンガー、ヴァシュティ・バニアンの、飾らないけど心に響く、これまた声が魅力のアルバムをご紹介。
Template and graphic by karyou
忍者ブログ [PR]