忍者ブログ
キャビアスキンは、流行り廃りとは関係なく販売個数を保ち続けているシャネルが発表しているモデルです。

 女性にとって、こちらから頼まなければいけないというのは、結構大変なことだ。二人が質の高い会話をやりとりし、男性が女性の気持ちを深く理解できるようになれば、女性の問題に対する男の認識も深まるだろう。

 男にしても、無理な要求を突きつけられていると感じれば、自尊心を傷つけられたとは思わないにしても、協力する気がなくなって無気力になってしまう。以前は車輪がきしんだら油をさしたものだが、いまではきしむ車輪はさっさと新しいのに取り替えてしまう。男と女の関係もまったく同じだ。
PR
モデルだけではない。ポップカルチャーにも突如、曲線美を誇る強い女性像が溢れている。歌手のアデル(Adele)やビヨンセ(Beyonce)、コメディアンのエイミー・シューマー(Amy Schumer)やメリッサ・マッカーシー(Melissa McCarthy)、そしてテニス界のスター、セリーナ・ウィリアムズ(Serena Williams)などだ。

 数日前、「ディオール(Dior)」や「サンローラン(Saint Laurent)」など数多くのトップブランドを所有する、フランスの高級ブランドグループ「モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン(LVMH)」と「ケリング(Kering)」は、度重なる拒食症に関する報道を受け、サイズゼロのモデルを広告やファッションショーで起用しないと約束した。

 現在ニューヨーク(New York)を拠点とするローレンスは、週に何度も飛行機に飛び乗る。「アメリカンイーグル(American Eagle)」や、そのランジェリーライン「エアリー(Aerie)」のキャンペーンに起用され、インスタグラム(Instagram)のフォロワーは400万人に近い。

 6年前、ローレンスはロンドンの契約担当者に面と向かって笑われ、仕事でニューヨークに行くことは絶対に叶わないだろうと告げられた。「傷ついた」と彼女は当時を振り返る。それから彼女は2013年に設立された大手モデル事務所「JAGモデルズ(JAG Models)」と契約を交わし、ニューヨーク・ファッションウィーク(New York Fashion Week)のランウェイを歩き、タイムズスクエア(Times Square)の広告に無修正で登場した。「未加工のイメージを見ることで、人々は完璧である必要はなく、そのままで良いのだと気付いてくれる」と彼女は語る。

 さらにローレンスはイギリスの学校やアメリカの大学に、身体的、情緒的、精神的な健康を促進するようにメッセージを投げかけた。「拒食症およびその関連障害のための協会(The National Association of Anorexia Nervosa and Associated Disorders)」によると、アメリカでは幅広い年齢やジェンダーの3000万以上もの人々が、摂食障害に苦しんでいるという。「私はSNSで毎日のように、私の存在によって摂食障害や自殺願望から救われたという女の子たちからダイレクトメッセージを受け取る。それは素晴らしい、前向きな動きだ」とローレンスは語る。
そんな中でのちょっとした冒険は、新鮮な刺激を与えてくれるはずです。ときに知らない海辺の町に降り立って、成り行きまかせの小さな旅も素敵です。こんな提案も、あなたから出してみたらいかがでしょう。人生、一度しかないのです。

世の中にはまだまだ楽しいことが隠されているはずです。あなたが知ろうとしなければ一生出逢えないかもしれません。人は自分から何かしようとするとき、ものすごいエネルギーを必要とします。ですから、いつも待っているのです。
Template and graphic by karyou
忍者ブログ [PR]